JFS-B規格 適合証明取得

当社は、お客様に安全・安心な製品を届けるため、HACCPシステムの運用と、衛生的な生産体制の整備に自主的に取り組んでおります。当社東海工場は、食品安全マネジメント規格であるJFS-B規格について、令和3年1月に適合証明を受けています。

HACCPについて

食品等事業者自らが食中毒菌汚染や異物混入等の危害要因(ハザード)を把握した上で、原材料の入荷から製品の出荷に至る全工程の中で、それらの危害要因を除去又は低減させるために特に重要な工程を管理し、製品の安全性を確保しようとする衛生管理の手法です。

JFS規格について

JFS規格は、食品の安全管理の取組を適合証明する民間規格です。 JFS 規格の適合証明を受けることで、HACCPシステムの運用など食品安全管理の取組が第三者評価され、取引先へのアピールにつながります。

JFS-B規格 適合証明取得   

当社東海工場は、食品安全マネジメント規格であるJFS-B規格について、令和3年1月に適合証明を受けています。JFS-B規格は、HACCPに基づく衛生管理の実施を含め、経営者の関与・購買・食品防御・アレルゲンの管理などを幅広く要求している民間規格です。当社では、今後とも自主的な食品安全管理を推進していきますので、よろしくお願い申し上げます。

JFS-B適合証明書