ダイニチ食品はSDGsの取組みをしています

2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます




ダイニチ食品では17ゴールのうち、3つのゴールの達成のために、漬物メーカーとして取組みます。漬物という日本の食文化を後世に正しく残すために小さな一歩かもしれませんが、着実に地球上のすべての人に受け入れられる食品としての進化を続けて参ります。



これら目標の達成には、消費者の皆様、お取引先様の協力が不可欠です。
持続可能な社会づくりを目指すダイニチ食品の取組みに是非ともご理解を賜れればと思います。